top of page
  • ip-one

ウェディングドレス選びのポイント

更新日:2023年9月19日

こんにちは、名古屋を拠点に「前撮り・フォトウェディング」撮影を行なっているip-oneです。 結婚式は、二人の愛と誓いが永遠に封印される瞬間。その特別な瞬間を一生の思い出に刻みつけるために、ウェディングフォトは欠かせません。 しかしながら、結婚式当日はゲストとの交流や緊張感で、じっくりとウェディングドレス姿を楽しむ時間を持つことが難しいこともあります。そこで、名古屋のウェディング専門スタジオ、ip-oneがおすすめするのは、「前撮り」。 ここでは、前撮り時のウェディングドレス選びのポイントについてご紹介いたします。

結婚式当日には、緊張と感動が交錯し、ゲストとの時間も思い出深いものとなります。そのため、ゆっくりとウェディングドレス姿を楽しむ余裕がなかなか取れないケースも少なくありません。そこで、前撮りは特別な場面をゆっくりと楽しむための素晴らしい機会と言えるでしょう。結婚式当日の緊張感を感じることなく、2人だけの幸せなひとときを切り取ることができます。

また、前撮りの魅力はそれだけに留まりません。結婚式当日に着るドレスとは異なる別のウェディングドレスを選ぶことができるのも、前撮りならではの楽しみ。結婚式当日とは異なる雰囲気やスタイルのドレスで、2人の魅力を最大限に引き出す写真を残すことができます。

それでは、前撮りの際にウェディングドレスを選ぶ際のポイントを詳しくご紹介いたします。

名古屋で前撮りフォトウェディングを行なった新婦。澄み切った青空が広がるコスモス畑で新婦が幸せそな笑顔で佇んでいるウェディングフォト。

ウェディングドレスの種類って?

ウェディングドレスは、花嫁の輝く姿を一層美しく引き立てる特別な装いです。しかし、ひとくちにウェディングドレスと言っても、その種類はさまざま。シンプルでエレガントなものから華やかでボリューミーなものまで、数々の魅力的なデザインが存在します。お気に入りの一着に巡り会えるまで、たくさんの試着を楽しむことが大切です。

ウェディングドレスは、花嫁の個性やスタイルに合わせて様々なシルエットやデザインが提供されています。その多彩なラインナップから、自分らしいドレスを見つけ出すことは、ウェディング準備の楽しみの一つ。ウェディング専門スタジオip-oneでは、ドレス専門店と提携をしており、名古屋の最新トレンドから伝統的なクラシックまで、多彩なウェディングドレスを取り揃えております。

特別な日にふさわしい一着を選ぶ際には、まずシルエットに注目してみましょう。Aライン、プリンセスライン、マーメイドなど、それぞれのシルエットが異なる魅力を放ちます。体型や好みに合ったシルエットを選ぶことで、花嫁の美しい曲線を引き立てることができます。

次に、デザインやディテールにこだわりを持ってみましょう。レースやビーズ、刺繍など、細部のディテールがドレスに独自の輝きを与えます。シンプルで清楚なデザインから、華やかでドラマティックなものまで、多彩な選択肢があります。

そして、忘れてはいけないのがカラー。伝統的な白の他にも、アイボリーやパステルカラー、クリームなどのバリエーションがあります。テーマに合わせて選ぶことで、花嫁の美しさを引き立てることができます。

ウェディングドレスの種類は、まるで花嫁それぞれの個性を映し出すように多彩です。自分自身を表現し、特別な日の最高の一着を見つけることは、ウェディングの醍醐味のひとつです。


名古屋で前撮りフォトウェディングを行なった新婦。市政資料館の通路で、ウェディングドレス姿が美しい新婦がブーケを持って右側の様子を見ている姿を捉えたウェディングフォト。

《プリンセスライン》

ウェディングドレスといえばこれ! という感じのボリューミーなお姫様ドレス。 その圧倒的な存在感と華やかさは、まさに夢のようなウェディングを彩ることでしょう。ボリュームたっぷりのスカートとウエストを引き締めるシルエットは、まるでおとぎ話から飛び出してきたような美しい姿を演出します。

プリンセスラインのドレスは、そのボリュームが上半身を引き立てる優れた効果を持っています。豪華なスカートが視線を引き付け、シンプルなトップ部分が女性らしい美しさを際立たせます。このデザインのおかげで、体型にコンプレックスを抱えている方でも、優雅でキュートな印象を与えることができます。

特に、プリンセスラインは長身の方にもぴったり。スカートのボリュームがシルエットを引き伸ばし、より一層のエレガンスを演出します。また、トレーン(裾の長い部分)がついたデザインも多く、歩くたびにふわりと舞う姿が幻想的な雰囲気を醸し出します。

ウェディングドレスを選ぶ際に大切なのは、自分の個性とイメージに合った一着を見つけること。プリンセスラインのドレスは、まさに「特別感」を演出するための最適な選択肢です。幼少期からの夢をかなえるような、おとぎ話の主人公のような気分を味わいたい方にとって、プリンセスラインは理想的な選択と言えるでしょう。


名古屋で前撮りフォトウェディングを行なっ新婦。市政資料館のクラシカルな雰囲気の館内で、美しいウェディングドレス姿の新婦が優雅に立ち、全身で輝く姿を捉えたウェディングフォト。

《Aライン》

スッキリとしたシルエットを実現できるAラインのドレスは、どんな人でも着こなしやすいのがポイント。 その洗練されたデザインとシンプルな美しさは、幅広いスタイルにマッチし、多くの花嫁さんに愛されています。

Aラインのドレスは、その名の通り、上から下に向かって広がるシルエットが特徴です。ウエストから広がるスカートが、女性らしい曲線を美しく引き立て、スタイルよく見える効果をもたらします。このシルエットは、体型の悩みをカバーしながらも、洗練された美しさを演出するため、幅広い体型の花嫁さんに選ばれている理由です。

Aラインのドレスはシンプルながらも、その美しさは他のどのスタイルにも負けません。清潔感あるデザインは、伝統的なウェディングからモダンなセレモニーまで、あらゆるテーマに合わせることができます。また、Aラインのドレスはベールやアクセサリーとも好相性。個性を引き立てつつも、ウェディングドレスの美しいシルエットを最大限に活かすことができます。

Aラインのドレスはシンプルさが魅力の一つ。そのため、花嫁さん自身の個性やスタイルを際立たせることができるのもポイントです。シンプルな中にも華やかさがあり、どんなウェディングスタイルにも溶け込む万能な選択肢と言えるでしょう。


名古屋で前撮りフォトウェディングを行なった新婦。地面に落ち葉が広がる秋の落ち着いた雰囲気のロケーションで、ウェディングドレスを着た美しい新婦の後ろ姿を捉えたウェディングフォト。

《マーメイドライン》

体型にフィットするマーメイドラインのウェディングドレスは、背が高くグラマラスな方にオススメ。 その独特のシルエットとセクシーさは、まるで映画のヒロインのような魅力を引き出し、特別な日の演出に華を添えます。

マーメイドラインのドレスは、トップからヒップまでのシルエットがタイトにフィットし、膝から広がる美しいテールが特徴です。このドレスは、体のラインにフィットするデザインによって、背が高くスタイルのある方に特に素敵に映えるでしょう。ウエディングドレスの中でも着こなしの難しい部類に入りますが、その分、映画のヒロインのようなセクシーで美しい印象を残すことができます。

また、最近では新たなトレンドも登場しています。バスト部分からの落ち感が個性的なエンパイアドレスや、セパレートタイプのドレスなど、多彩な選択肢が花嫁さんたちに人気です。これらのデザインも、自分らしい個性を表現する上で素敵な選択となることでしょう。

ウェディングドレスを選ぶ際、マーメイドラインのドレスは自信を持っておすすめできるスタイルの一つ。その特有のシルエットが、花嫁さんの魅力を最大限に引き出し、特別な瞬間をより一層特別なものにしてくれます。


名古屋で前撮りフォトウェディングを行なった新郎と新婦。市政資料館の通路で、繋いだ手を互いに見つめる様子を捉えたウェディングフォト。

素材や装飾にも注目

ウェディングドレスを選ぶときには、細かいディテールまでこだわってみましょう。 花嫁の美しさを一層引き立てる素材や装飾を選ぶことで、より特別な一着に出会うことができます。

ウェディングドレスの素材は、その雰囲気や印象を決定づける重要な要素です。ツヤのあるサテンやシルクのウェディングドレスは、光沢感がありながらも上品で優雅な雰囲気を演出します。正統派のウェディングにぴったりで、クラシックなウェディングを望む花嫁さんには最適な選択肢です。

一方で、レース素材のウェディングドレスは、繊細なデザインと上品な装飾が魅力。レースの模様が華やかさを添え、上品で優しい雰囲気を醸し出します。ロマンティックな雰囲気を求める方や、ナチュラルなテーマにぴったりです。

また、チュール素材のウェディングドレスは、軽やかでキュートな印象を与えます。ボリューム感のあるスカートが特徴で、ウェディングドレス姿をより一層華やかに演出します。チュール素材は夢のような雰囲気を創り出し、ふんわりとした女性らしさを引き立てます。

ウェディングドレス選びの際、素材や装飾にこだわることで、おふたりの理想とするウェディングスタイルを具現化することができます。


名古屋で前撮りフォトウェディングを行なった新婦。黄金色に染まる美しい夕空を背景に、新婦がブーケを掲げて佇む様子を捉えたウェディングフォト。

ウェディングドレスの首元や肩、袖のデザインにもポイント

ウェディングドレスを選ぶ際、首元や肩、袖のデザインにも心を込めて注目してみましょう。 これらの細部のディテールが、花嫁の美しい姿をより一層引き立て、おふたりのスタイルやテーマを際立たせる大切な要素となります。

ベアトップ(ビスチェ)やオフショルダータイプのウェディングドレスは、両肩を露出するデザインです。このスタイルは、デコルテや胸元を強調し、女性らしい魅力を引き出す効果があります。華やかな雰囲気を演出したい方や、自信を持って美しい肩をアピールしたい花嫁さんにぴったりです。一方で、ホルターネックのドレスは、なで肩で華奢な女性におすすめ。首元のデザインが繊細で優雅な印象を与えます。

パフスリーブやフレンチスリーブのウェディングドレスは、二の腕や肩幅のお悩みを上手にカバーしつつ、可愛らしさを引き出してくれます。パフスリーブはボリューム感があり、上半身を華やかに見せてくれる一方、フレンチスリーブは上品でエレガントな雰囲気を漂わせます。自分の体型や好みに合わせて、お気に入りの袖のデザインを選ぶことで、ウェディングドレスがさらに魅力的に映えることでしょう。

ウェディングドレス選びには、自分自身の魅力を最大限に引き出すディテールの選択が欠かせません。前撮りならではのメリットとして、純真無垢な印象からカラードレスや和装まで、自由なスタイルへのイメージチェンジが可能です。おふたりの個性や愛情を表現しつつ、シチュエーションや表情を整えて撮影できる前撮りやフォトウェディングの魅力を最大限に活かし、特別な瞬間を美しいウェディングフォトとして残しましょう。


名古屋で前撮りフォトウェディングを行なった新婦。新緑が美しい自然豊かなロケーションで、ウェディングドレスを着た美しい新婦がブーケを持ち、にこやかな表情で目線を落としている瞬間を捉えたウェディングフォト。

まとめ

今回は、前撮り時のウェディングドレス選びの重要なポイントについて詳しくご紹介いたしました。おふたりの特別な瞬間を美しく彩るために、ウェディングドレスの選択はとても大切な要素です。 前撮りの魅力は、結婚式当日にはなかなかゆっくりと過ごすことのできない時間を、おふたりだけの特別なひとときとして楽しむことができる点です。また、前撮りならではの自由なスタイリングやシチュエーションの変化を活かして、憧れのウェディングフォトを実現できます。 ウェディングドレスの選び方については、シルエット、素材、装飾、そして首元や肩、袖のデザインに着目することが大切です。おふたりのスタイルや体型、好みに合ったドレスを選ぶことで、最高の美しさを引き出すことができます。プリンセスラインのボリューム感やAラインのシンプルな美しさ、マーメイドラインのセクシーな魅力など、さまざまなスタイルからお気に入りの一着を見つけ出しましょう。

ip-oneは、名古屋のウェディングフォト専門店として、カメラマン2名体制を取り入れこだわりの撮影クオリティと充実した撮影内容をお届けしています。

「興味がある」「詳しく話を聞いてみたい」などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。


執筆者:株式会社ip-one(アイピーワン) 渡邉康人

  • 設立: 2019年4月

  • 代表取締役兼フォトグラファー

  • 生年月日: 1984年1月26日

  • 実績: ブライダルカメラマン歴20年/3000組以上の撮影担当

プロフィール

名古屋の新規写真スタジオの立ち上げメンバーとして、約10年間フォトグラファー部門の総括責任者を務める。同スタジオと業務提携の国内最大手結婚式を含む、約40会場の撮影責任者も歴任。

その後、経験をさらに広げるため、国内最大手の結婚式場に転職。福岡県・大分県・佐賀県・広島県・愛知県と、多岐にわたる地域でのブライダル撮影を経験。フォトグラファーとして約5年間従事し、その間、国内最大規模のウェディングフォトコンテストで審査員特別賞を受賞。

2019年に独立を果たし、同年4月に株式会社ip-oneを設立。現在は名古屋を中心に「フォトウェディング」や「前撮り」撮影を主なサービスとして展開し、多くのカップルの大切な思い出作りをサポートしています。

閲覧数:71回0件のコメント
bottom of page