top of page

Blog | 名古屋の前撮り・フォトウェディングならip-one 高品質ロケーションフォト専門店

Top > Blog top > Blog記事

  • ip-one

ダイジェスト動画について

更新日:2023年9月12日

愛知・名古屋を中心にフォトウェディング・前撮り撮影を専門に手がけるip-oneです。 おふたりの特別な瞬間を美しい写真と感動的な動画で切り取り、一生の思い出として残すお手伝いをさせていただいております。

前撮りやフォトウェディングでは、写真撮影が一般的ですが、ip-oneではその特別な日をより深く、より感動的に伝えるために、動画プランもご用意しております。写真だけでは表現しきれない瞬間の息吹や感情、鮮やかな動きを動画として捉えることで、おふたりの愛と幸せがより鮮明に伝わります。

ip-oneのダイジェスト動画は、おふたりのウェディングフォトを一つの物語として編集し、感動のハイライトを凝縮したものです。おふたりの笑顔、涙、幸せな瞬間が映像となって蘇り、何度でも見返したくなるような作品としてお届けいたします。結婚式をご予定のカップルには、ゲストの皆様にもおふたりの特別な瞬間を共有する素晴らしい機会となることでしょう。

動画プランは、おふたりの個性やご希望に合わせてカスタマイズが可能です。事前のお打ち合わせを通じて、おふたりの思いやテーマをしっかりと理解し、映像に盛り込むアイデアを提案させていただきます。撮影当日には、経験豊富な動画担当カメラマンがおふたりの姿を美しく捉え、感動的な映像作品を創り上げるお手伝いをいたします。

ip-oneのダイジェスト動画は、おふたりのウェディングフォト・前撮り撮影をより深く、より感動的に演出するための特別なプランです。写真と動画の魅力を融合させ、おふたりの特別な日を永遠の思い出として刻み込むお手伝いをさせていただきます。


名古屋で前撮りフォトウェディングを行なった新郎と新婦。新緑の色彩が鮮やかな自然豊かなロケーションで、二人が手を繋ぎながら笑顔で会話している様子を捉えたウェディングフォト。

ip-oneのダイジェスト動画の特徴

前撮りやフォトウェディングの様子を、動画ならではの鮮やかな動きや臨場感で楽しんでみませんか? 写真だけでは伝えきれない、感動と喜びが溢れる瞬間を動画で記録し、より充実したフォトウェディング・前撮りの思い出を残すことができます。

写真と動画をセットにすることで、おふたりの特別な日の物語をより深く、感情豊かに切り取ることができます。ウェディングドレスが揺れる風景、笑顔が生き生きと蘇る瞬間、美しいロケーションでのひとときなど、動画ならではの臨場感を通じて、おふたりの愛と絆をより鮮やかに表現します。

さらに、お二人のプライベート動画を取り入れることも可能です。おふたりだけの特別な瞬間やメッセージを映像として組み込むことで、写真だけでは伝えきれない想いをより深く伝えることができます。お互いの思いや喜び、細やかな表情まで、動画を通じて綴ることで、感動的なウェディングフォトを作り上げることができます。

動画は、スマートフォンやタブレットにデータを保存すれば、いつでもどこでも手軽に見ることができます。大切な瞬間を繰り返し楽しむことができるだけでなく、親御さんやお友達にも簡単にシェアして喜びを共有することも可能です。感動と幸せが溢れるウェディングフォトを、写真と動画の両方で完全に記録し、おふたりの特別な日を永遠に刻み込みましょう。

ip-oneでは、写真と動画を組み合わせたウェディングフォト撮影をお手伝いしています。おふたりの希望やイメージに合わせて、最高の撮影体験を提供いたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせいただき、感動と喜びに満ちたウェディングフォトを共に創り上げましょう。


結婚式のオープニング映像にもオススメ

前撮り撮影の魅力は、結婚式の入場前にも素敵な演出映像として活用できる点です。ゲストの皆さんにおふたりの特別な瞬間をご覧いただくことで、披露宴の幕開けをより感動的なものとしませんか?

オープニング映像として前撮りダイジェスト動画を使用することで、ゲストの皆さんにおふたりのウェディングフォトの魅力を余すことなく伝えることができます。写真だけでは表現しきれない、笑顔や涙、幸せな瞬間が動画ならではの臨場感とともに蘇ります。おふたりの愛と絆を感じることができる映像は、ゲストの心に深く響き、感動を共有する素晴らしい機会となることでしょう。

オープニング映像として前撮りダイジェスト動画を使用することで、披露宴の雰囲気を一層盛り上げることができます。入場前の時間、ゲストの方々を楽しませ、温かい気持ちでおふたりを迎え入れることができるのです。おふたりのウェディングフォトの美しさや幸せな瞬間を通じて、感謝の気持ちや喜びを伝えることができる素敵な演出となるでしょう。

ip-oneでは、前撮りダイジェスト動画を含むウェディングフォト・動画撮影をお手伝いしています。おふたりの思い出を素晴らしい映像として永遠に残すお手伝いをさせていただきます。披露宴の感動的なオープニング映像を演出したい方、ぜひお気軽にお問い合わせください。



撮影前に事前のお打ち合わせを行なってます

おふたりの大切な瞬間を最高の形で切り取るために、ip-oneでは撮影前に事前のお打ち合わせを実施しています。このお打ち合わせは、動画担当カメラマンと直接オンラインを通じてお会いいただき、撮影の細部にわたるご要望やアイデアをお聞きする大切な時間です。当日の撮影をより一層特別なものとするために、おふたりの想いをしっかりと受け止め、カスタマイズされた撮影プランをご提案いたします。

この事前のお打ち合わせでは、ご要望だけでなく、おふたりの個性や結婚式のテーマに合わせたアイデアも共有させていただきます。動画担当カメラマンの専門知識と経験を活かして、より美しく感動的な映像を創り出すためのアドバイスや提案を行います。おふたりが抱えるご不明点や不安にも丁寧にお答えし、撮影当日に向けての準備をしっかりとサポートいたします。

事前のお打ち合わせを通じて、おふたりの願いや希望、想いを理解し、それを映像として表現するためのロードマップを共に描きます。撮影当日には、おふたりが安心して笑顔で過ごせるよう、細部にわたる配慮と計画をもとに撮影を進行させていただきます。

ip-oneは、おふたりの大切な瞬間を最高の形で切り取るために、事前のお打ち合わせを重要視しています。おふたりの信頼と満足が最優先であり、おふたりのご要望を形にするお手伝いを心からさせていただきます。撮影前のお打ち合わせを通じて、おふたりのウェディングフォトの動画をより特別なものとするお手伝いをさせていただきます。


名古屋で前撮りフォトウェディングを行なった新郎と新婦。夕空を背景に、大きな木の下で手を繋ぎ佇む二人をシルエットで捉えた幻想的なウェディングフォト。

まとめ

ip-oneのダイジェスト動画で、特別な瞬間をより充実したフォトウェディング・前撮りとして体験してみませんか?私たちは愛知・名古屋を中心に、おふたりの大切な瞬間を美しい写真と感動的な動画で永遠の思い出として刻み込むお手伝いをしています。

おふたりの愛や絆、笑顔と涙、幸せな瞬間を、写真だけではなく動画としても捉え、感動のダイジェスト動画を制作いたします。私たちの熟練したカメラマンたちは、おふたりの姿を美しく捉え、繊細な編集技術で感動的な作品をお届けしています。

このダイジェスト動画は、フォトウェディングや前撮りの瞬間を一つの物語として編み上げ、おふたりの愛と幸せが輝く映像として蘇ります。おふたりの想いを映像に託し、ゲストの皆様にも感動を共有する素晴らしい演出となることでしょう。

ip-oneでは、おふたりのご要望や個性を大切にしながら、カスタマイズされた動画プランを提供しています。事前のお打ち合わせを通じて、おふたりの思いをしっかりと理解し、映像に盛り込むアイデアを共に創り上げます。撮影当日には、感動の瞬間を逃すことなく、心を込めて撮影を行います。

この特別な瞬間を、写真と動画の両方で切り取ることで、より深く、より感動的な思い出として残すことができます。ip-oneのダイジェスト動画で、おふたりのフォトウェディング・前撮りを一生に残る特別な体験として、ぜひこの機会にお楽しみください。

お気軽にお問い合わせいただき、ip-oneのダイジェスト動画がもたらす感動を一緒に共有しましょう。


執筆者:株式会社ip-one(アイピーワン) 渡邉康人

  • 設立: 2019年4月

  • 代表取締役兼フォトグラファー

  • 生年月日: 1984年1月26日

  • 実績: ブライダルカメラマン歴20年/3000組以上の撮影担当

プロフィール

名古屋の新規写真スタジオの立ち上げメンバーとして、約10年間フォトグラファー部門の総括責任者を務める。同スタジオと業務提携の国内最大手結婚式を含む、約40会場の撮影責任者も歴任。


その後、経験をさらに広げるため、国内最大手の結婚式場に転職。福岡県・大分県・佐賀県・広島県・愛知県と、多岐にわたる地域でのブライダル撮影を経験。フォトグラファーとして約5年間従事し、その間、国内最大規模のウェディングフォトコンテストで審査員特別賞を受賞。

2019年に独立を果たし、同年4月に株式会社ip-oneを設立。現在は名古屋を中心に「フォトウェディング」や「前撮り」撮影を主なサービスとして展開し、多くのカップルの大切な思い出作りをサポートしています。

閲覧数:106回0件のコメント

Comentarios


bottom of page