top of page
  • ip-one

フォトウェディングで記録する家族写真/魅力と撮影方法をip-oneが解説

私達ip-oneは、名古屋を拠点にフォトウエディング&前撮り撮影を行なっています。今回のスタッフブログは「フォトウェディングで記録するご家族写真/魅力と撮影方法をip-oneが解説」をお届けします。


フォトウェディングの流行

近年、結婚式や披露宴を挙げることなく、代わりにフォトウェディングを選択するカップルが増えてきました。多様化するライフスタイルや価値観、経済的背景など、様々な要因がこのトレンドを生んでいます。結婚式や披露宴は、伝統的に多くの人々が参加する大規模なイベントとして捉えられてきました。しかし、近年のカップルは、狭く深い形での結婚式を希望する方や、特定の場所やシチュエーションでの撮影を重視する方が増えています。これに伴い、フォトウェディングが主流となりつつあります。フォトウェディングは、結婚の記念としての写真を中心に据えた方法として注目されています。実際に式や披露宴を挙げることなく、専門のフォトグラファーと共に、ドレスや和装での撮影を行うことで、その特別な瞬間を記録します。これにより、カップルは自らのペースで、自らのスタイルやテーマでの撮影を実現できるのが大きな魅力となっています。


また、フォトウェディングは予算面でも注目されています。結婚式や披露宴にかかる費用は決して少なくありませんが、フォトウェディングならば、限られた予算の中で、質の高いプロの撮影を受けることができます。特に名古屋エリアでは、多彩なロケーションや撮影スポットがあり、私たちip-oneとしても様々なシチュエーションや背景を活かした撮影を提供しています。このように、フォトウェディングは現代のカップルのニーズに応える形として、その地位を確立しつつあります。次の項目では、フォトウェディングの中でも特に「ご家族写真」の魅力や撮影方法に焦点を当ててご紹介いたします。


緑豊かな名古屋の庭園で新郎新婦と親族が和装で寛ぐ家族写真

フォトウェディングにおける家族写真の魅力

誰もが主役: ご家族全員が一緒に写真に収めることの意味

結婚は、ふたりだけのものではありません。家族、親戚、友人といった多くの人々が関わる大切な出来事です。フォトウェディングの際のご家族写真は、この思いを形にする魅力的な方法と言えるでしょう。通常の結婚式や披露宴の場合、新郎新婦が中心となるのは自然ですが、フォトウェディングの家族写真では、家族全員が平等に主役となります。ここでの撮影は、家族の絆を深め、共に過ごした日々の思い出を振り返る貴重な時間となるでしょう。


・世代を超えての記録: 子供や両親との絆を永遠に残す

フォトウェディングにおける家族写真は、ある瞬間を切り取るだけでなく、家族の歴史や絆を物語るアイテムともなります。子供たちの成長過程、両親や祖父母との関係性、それぞれの世代が共有する思い出や経験を、一枚の写真に込めることができます。

特に子供たちと一緒の撮影は、彼らが大きくなったときに、その成長を実感する一助となるでしょう。また、高齢の親や祖父母との写真は、その後の家族の歴史を語る上で欠かせない記録となります。このような家族のポートレートは、将来、家族の新しい世代にも受け継がれ、歴史として語り継がれることでしょう。


・カジュアルとフォーマルの組み合わせ: ドレスや和装での家族のポートレートの特別感

フォトウェディングの家族写真のもう一つの魅力は、ドレスや和装といったフォーマルな装いでの撮影です。家族全員が普段着ではなく、特別な服装で撮影を行うことで、その瞬間の特別感や非日常感を感じることができます。特に子供たちが、両親や祖父母と一緒に和装やドレスを着て撮影することは、ご家族にとっても忘れられない経験となるでしょう。

このようなフォーマルな服装を取り入れた撮影は、家族の絆や愛情をより一層深く感じさせるもの。そして、撮影後に完成した写真は、家族の誇りとして、また家族の歴史の一部として、永久に残ることでしょう。


以上が、フォトウェディングにおけるご家族写真の魅力についての解説です。家族の絆や歴史を刻む貴重な時間過ごしてみませんか?下記の項目では、具体的な撮影方法やポイントについて、詳しくご紹介いたします。


名古屋での屋外ウェディングフォトに笑顔で参加する車椅子の祖母と祖父

撮影方法とポイント/場所の選定: 自宅、公園、スタジオなど、様々な場所での撮影のメリット

・自宅での撮影

自宅での撮影は、家族の日常を最もリアルに切り取ることができる方法です。居心地の良い自分たちの空間での撮影は、特に小さな子供や高齢の家族がリラックスして自然な表情を見せるのに最適です。また、自宅には家族の歴史や思い出が詰まっています。家具一つ一つや部屋の隅々には、家族の生活が感じられます。そういった日常の中の特別な瞬間を記録するのが、自宅撮影の大きな魅力です。


・公園での撮影

公園は、自然な環境の中で家族との時間を楽しむことができる場所です。広い芝生や木々の間を歩きながら撮影することで、家族の自然な一体感や絆を感じることができます。特に、季節の変化を感じることができる公園は、春の桜や秋の紅葉といった背景を生かした撮影が可能です。これは、その時期ならではの家族の思い出を残すことができる大きなメリットとなります。


・スタジオでの撮影

スタジオ撮影の大きな利点は、天候や時間帯に左右されることなく、理想的な照明や背景を使用して撮影することができる点です。

特にドレスや和装といったフォーマルな服装での家族写真を撮影する際、スタジオならではの照明技術や背景のセットアップが活きてきます。さらに、プロのスタッフがサポートすることで、家族全員がベストな状態で撮影に挑むことができます。


・ドレスを中心としたコーディネーション

ドレスを中心とした家族写真では、フォーマルな雰囲気と家族の華やかさを同時に楽しむことができます。新婦がホワイトのウェディングドレスを選ぶ場合、家族のメンバーはそれに合わせてネイビーやグレー、ベージュなどの中立色のドレスやスーツを選ぶと良いでしょう。また、小さな子供たちは、新婦のドレスの色に合わせたリボンやヘアアクセサリーを取り入れることで、全体のコーディネートが引き締まります。


・家族の衣装のマッチングのポイント

重要なのは、全員が選ぶ衣装が互いに調和すること。結婚式やフォトウェディングの主役は新郎新婦であるため、彼らの衣装を中心に家族の衣装を考えると良いでしょう。また、過度に派手なアクセサリーや色を避け、全体のバランスを意識することがポイントです。全員が快適に過ごせる衣装選びをすること、そしてそれぞれの家族の個性や特徴を活かしつつ、全体の調和を保つことが、美しい家族写真のコーディネートの秘訣です。


名古屋市政資料館でウェディングドレスを着た花嫁と父親と母親が楽しげな瞬間を共有

・ポージング: 自然な笑顔や家族の絆を引き出すためのテクニック

1.リラックスすることが基本

最も大切なことは、撮影時に家族全員がリラックスすること。過度な緊張や不自然なポーズは、写真に硬さをもたらす原因となります。心身ともにリラックスするよう心がけましょう。


2.指示に従うよりも自然体で

プロのカメラマンがいる場合、適切なポージングを指示してくれることが多いですが、家族らしさを引き出すためには、ある程度の自由度を持つことも大切。家族同士での会話や、日常の何気ない仕草を取り入れることで、自然な笑顔や表情が引き出されます。


3.親子や夫婦の距離感を活かす

特にお子様が小さい家族の場合、親子の距離感を大切に。お子様を抱っこしたり、手をつなぐなどのシンプルなポージングで、親子の絆や愛情を強調することができます。夫婦の場合は、目を合わせる、手をつなぐ、腕を組むなどのアクションを取り入れると良いでしょう。


4.背景との相性を意識する

選んだロケーションや背景との相性を考えながらポージングすることも重要。例えば、自然の中での撮影の場合、木の下で家族全員でピクニック気分で座る、公園のベンチで家族みんなで並んで座るなど、背景とマッチする自然なポーズがおすすめです。


5.カメラマンとのコミュニケーションを大切に

撮影の要望や家族の特性など、カメラマンとしっかりコミュニケーションをとることで、理想的なポージングのアドバイスを受けることができます。信頼関係を築くことで、より良い写真が撮れるようになります。撮影の際には、自分たちらしさを魅力的に引き出すポージングを心がけ、家族の絆や愛情を写真に刻むことが大切です。


夕日を背に名古屋での家族写真、ウェディングドレスの花嫁と新郎が家族と記念品を抱えて笑顔のシーン

アクセサリーや小道具の活用: お気に入りのアイテムや家族の思い出の品を取り入れるアイディア

1. 思い出のアクセサリーを身に着けて

家族の中には、受け継がれてきた宝石や指輪、ネックレスなど、特別な価値を持つアクセサリーがあるかもしれません。そういったアイテムを撮影時に身に着けることで、世代を超えた家族の絆や物語を伝えることができます。


2. 家族の成長を示す小道具

子供の手形や足形、初めての絵本やおもちゃなど、成長の過程で大切にされてきたアイテムを取り入れることで、家族の時間の流れや成長を感じる写真に仕上がります。


3. 趣味や特技を表現するアイテム

家族それぞれの趣味や特技を示すアイテムを使用することで、家族の個性や特色を強調することができます。楽器、スポーツ用品、読書好きならお気に入りの本など、各メンバーの個性を表現するアイテムを取り入れてみましょう。


4. 季節やテーマに合わせた小道具

撮影する季節やテーマに応じて、小道具を使用することも一つの方法です。例えば、冬ならばマフラーや手袋、夏ならばビーチボールやサンダルなど、季節感を出すアイテムを取り入れると写真に深みが出ます。


5. 家族のエピソードを物語るアイテム

家族には、共通の思い出やエピソードがたくさんあるはず。特定の場所やイベント、旅行先で手に入れた思い出の品などを取り入れることで、家族だけの独特なストーリーを伝えることができます。


アクセサリーや小道具を活用することで、ただのポートレート写真以上の深みや物語性、家族の歴史や絆を表現することができます。撮影の際は、家族の個性やエピソードを活かすようなアイテム選びを心掛けましょう。


ip-oneの独自のアプローチ: カウンセリングの重要

フォトウェディングはただの写真撮影ではありません。それは一生に一度の大切な瞬間を記録する重要な撮影です。ip-oneとして、私たちはその大切な瞬間を記録するために、カウンセリングの段階を極めて重要と位置づけています。まず、カウンセリングではお客様の具体的な要望を詳しく伺います。どんな背景を希望しているのか、どんなポージングをイメージしているのか、そしてどんな雰囲気の写真にしたいのか。これらの要望を明確にすることで、撮影時にスムーズに進めることが可能となります。さらに、家族の特性や個々のメンバーの特徴も深く理解することを重視しています。それぞれの家族には独自のストーリーやエピソード、絆があります。これを正確に把握し、写真に反映させることで、単なる家族の写真を超えた、深い意味を持ったポートレートを作り上げることができます。


このカウンセリングの過程が、ip-oneの独自のアプローチ部分と言っても過言ではありません。お客様の要望を正確に把握し、それを実際の撮影に反映させること。そして、家族の特性やエピソードを魅力的に活かした写真を提供すること。これによって、ip-oneは多くのお客様から高い評価を受けています。最後に、カウンセリングはお客様との信頼関係を築く上でも非常に重要です。オープンなコミュニケーションを通じて、撮影に関する不安や疑問を解消し、心地よい撮影環境を提供することを目指しています。ip-oneとして、お客様の満足度を最大化するために、カウンセリングの重要性を常に念頭に置き、サービスを提供しています。


名古屋の公園にて新郎新婦と親族が笑顔で囲む和装の家族写真セッション

まとめ

フォトウェディングは、結婚を記念する新たらしい撮影スタイルとして、多くのカップルにとっての選択肢として確立されています。しかし、その中でも「家族写真」は特に重要な意義を持っています。家族全員が一緒に写真に収められることの価値は、一言で言えば「時代を超えた絆の記録」と言えるでしょう。家族の成長や変化、そしてその時代の背景を反映した一枚の写真は、単なる記念写真以上のものとして多くの家族にとって価値があるものとなります。子供の成長、両親や祖父母との共有の瞬間、そして新たな家族の一員としてのカップルの存在。これらすべてが、一枚の写真の中で織り成すストーリーとなります。また、フォトウェディングにおける家族写真は、カジュアルな日常の写真とは異なり、特別な衣装や場所での撮影となるため、その特別感も魅力の一つです。ドレスや和装を着用し、プロのカメラマンが撮影することで、家族の絆や魅力をより一層引き立てることができます。フォトウェディングでの家族写真を見返すことで、当時の感動や思い出が蘇り、家族の絆を再確認することができます。それこそが、フォトウェディングでの家族写真の持つ、計り知れない価値と言えるでしょう。


いかがでしたか?「フォトウェディングで記録するご家族写真/魅力と撮影方法をip-oneが解説」をお届けしました。これからフォトウェディングで、ご家族撮影をご検討されている新郎新婦様は、ぜひ参考にしてみてください。


執筆者:株式会社ip-one(アイピーワン) 代表取締役兼フォトグラファー渡邉康人 設立: 2019年4月 生年月日: 1984年1月26日 実績: ブライダルカメラマン歴20年/3000組以上の撮影担当プロフィール名古屋の新規写真スタジオの立ち上げメンバーとして、約10年間フォトグラファー部門の総括責任者を務める。同スタジオと業務提携の国内大手結婚式場を含む、約40会場の撮影責任者も歴任。その後、経験をさらに広げるため、大手の結婚式場に転職。福岡県・大分県・佐賀県・広島県・愛知県と、多岐にわたる地域でのブライダル撮影を経験。フォトグラファーとして約5年間従事し、その間、国内ウェディングフォトコンテストで審査員特別賞を受賞。

2019年に独立を果たし、同年4月に株式会社ip-oneを設立。現在は名古屋を中心に「フォトウェディング」や「前撮り」撮影を主なサービスとして展開し、多くのカップルの大切な思い出作りをサポートしています。


当ブログに掲載されているすべてのコンテツの著作権は管理人に帰属します。無断での転載、複製、改変などの行為はご遠慮ください。



閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page